サラリーマン定年と老後を考える

シルバー世代への応援歌
如何にして生きるのか? 人生とは? 幸せとは?
超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。
老後破産、老後難民、下流老人、孤独死、放置死、熟年離婚、人間関係の希薄さはどうして起こるのか? いったいどう対処すればいいのか? どのように生きればよいのか? 釈元浄が独特の感性で切り込みます。

一流企業のサラリーマンの老後破産

どんな一流企業に勤めていたサラリーマンでも
何かの拍子に老後破産へと突き進む
一流企業のサラリーマンでも65歳でもらえる年金は24万円ほどだ
もし仮に妻と熟年離婚でもして半分に分割されれば
12万円と激減する
生活保護よりも少し低くなる
もし仮に家は持家だったとしても
一流企業でバリバリやっていた人間が
月12万円から光熱費やガソリン代、煙草代、酒代、ゴルフ代を払って
月12万円で暮らせるはずがない
そこに医者代、薬代、外食費等を払えば月20万円は軽くいく
ある程度の貯金があっても、10年もたてば老後破産だ
 
これがどこにでもいる一流企業のサラリーマンの一般的な末路だ
 
ではどうすればいいのか、嫁さんをなだめすかして、何とか離婚を思い留めるのか
それとも何か良い収入の道を作るのか
だが割のいい収入の道など、今まで会社にオンブにダッコのサラリーマンに
おいそれと作れるはずがない
はっきり言って自分では海千山千のいくつもの修羅場をくぐり抜けてきたと
思っているサラリーマンほど、井の中の蛙だ
何も出来ないし何の役にも立たないことが多い
ようは世間知らずで使い物にならないのだ
 
サラリーマン時代は上席の○○さんとうまくやっていれば
生き残ることが出来たのだ
そんなものが海千山千だとは勘違いもはなはだしい
 
サラリーマンの実力など会社の中でしか通用しないのだ
木枯らしの舞う世間に出れば、木っ端みじんに吹き飛ばされてしまう
 
本当に世間で必要な能力は商品を売る力だ
サラリーマンは売っているのではなく売れているだけなのだ
※それさえもできないサラリーマンも多いが
サラリーマンが商品を売れるのは会社のシステムとブランドとおぜん立てが功を奏しているだけなのだ
すなわち会社の力なのだ、組織力で売るそれが会社である
裸の個々の能力だけで商品を売る
それが本物の実力だ
まず何をどこへどう売ればいいのかわからない
今まではすべて会社がおぜん立てをしてくれていたのだから
何も考えなくても良かった
だが会社を離れ自分で考えやったところでうまくいくはずがない
これが現実だ
よっぽどの運とよっぽどの素地とよっぽどの勘の良さ
それと人が持っていないものを持たなければうまくはいかない


《伊賀の里自然墓苑永代供養墓
素晴らしいお墓……
http://iganosato.com/
 歴史と自然、見晴らしの永代供養墓《伊賀の里自然墓苑》
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個霊体まで納骨可能
個別区画型永代供養墓です、家墓としてご家族だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません
第一期分残り84区画お早目にどうぞ
 
【お問い合せ】
0120-18-0806
http://iganosato.com/
📩lmg0806outlook.com
 
(運営・管理・プロデュース・主体)
NPO法人永代供養推進協会
伊賀の里自然墓苑事務局
宗教法人瀧仙寺
リーフ・メモリアル・グループ合同会社

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。