サラリーマン定年と老後を考える

シルバー世代への応援歌
如何にして生きるのか? 人生とは? 幸せとは?
超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。
老後破産、老後難民、下流老人、孤独死、放置死、熟年離婚、人間関係の希薄さはどうして起こるのか? いったいどう対処すればいいのか? どのように生きればよいのか? 釈元浄が独特の感性で切り込みます。

老後のあなたの手

(黄昏の詩集)
落ちていく、落ちていくすべて落ちていく
滑り落ち、滑り落ち奈落の底に
私は必死に両手を差し伸べた
あなたの手を握りしめ
離しはしない、死んだって


地獄の底までついていく
離しはしない、死んだって


緩やかな階段も、急な登り坂も
わたしは同じスピードで歩くだけ
声をあげたらあなたどんな顔して近づくの
それとも知らん顔して離れていくの


夢を見たなら忘れない
あなたの笑顔忘れない
隣の安らかな寝顔だけ
あなたの笑顔忘れない
隣の安らかな寝顔だけ
抱きしめて、抱きしめて、生きていけるから


平穏無事に過ぎていく日々の中
裏腹な心だけ
胸を痛めて泣いています


木立にそよぐ風の中
心地よい想い出も
涙にぬれたあなたへの愛


いたたまれない心抱いたまま
わたしは忘れ去る、すべての昨日を捨て去って
明日に希望の光を見つけたならば
少しずつ少しずつ、ゆっくりと歩いていくから
少しずつ少しずつ力をもらって力を与え
少しずつ少しずつ愛に飢えては愛を与えながら


わたしはきっと立ち直る
あなたの想い出抱いたまま
あなたの想い出笑いながら話せるようになるまでは
心に傷を負ったまま
絆創膏を張り付けて
わたしは背筋を伸ばして
明日を夢見て、明日の光を信じながら
いつかきっといいことが降りかかる
明日はきっと私の味方
明日はきっと私の味方
もう一度、もう一度
笑って過ごせる明日が来るまでは
わたしはきっと挫けない


素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません


伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。