サラリーマン定年と老後を考える

シルバー世代への応援歌
如何にして生きるのか? 人生とは? 幸せとは?
超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。
老後破産、老後難民、下流老人、孤独死、放置死、熟年離婚、人間関係の希薄さはどうして起こるのか? いったいどう対処すればいいのか? どのように生きればよいのか? 釈元浄が独特の感性で切り込みます。

定年と老後

「起業家は未来を見据え、狂人のように働く」スティーブン・ジョブス
これからの20年は大変な時代を迎えることを皆きも見命じておかなければならない。
20年後の日本は何と60歳以上の老人が4割、20歳~60歳までの勤労世代より人口が多くなる。人口の減少1300万人、なんと東京都1個分の人がいなくなる。
それに伴う需要の減少、人々はもう物を何も買わなくなる。老若男女すべてだ。
欲しいものがなくなる。必要なものがなくなる。買うためのお金がなくなる。
そんな時代に突入する。
<しがらみとどう決着をつけるのか。人はしがらみの中で生きている>
 年老いた親、家族や恋人との関係などもしがらみになる。
<日本の住宅の4割が空き家になっている>
シャッター商店街の益々の増加。ハウスメーカー、マンション建設会社の倒産。
 代ゼミの撤退
 私立大学の4割が定員割れ
日本の総世帯数の減少
「迷ったときは難しい方の道を選べ」
結局のところ自分の人生は自分で決めなければならない
意味も無く決断を遅らせ悩み続けることは避けなければならない
多くの場合決断を遅らせれば
遅らせるほど選択肢は少なくなる
 実際にどちらかの道を選ばなければならない
最後は自分で決めなくてはならない
 自分の直感、運命、人生、カルマ〔宿命〕を信じなくてはならない
 たとえそれが人と違う道を行くことになっても



ようするに年金は減らされ年寄りの生活は苦しくなる
また税金が上がり若い人たちの生活も苦しくなる
すると物を買わなくなる、それでなくとも老人ばかりになり買うものもなくなる
需要が激減し、企業が衰退する
税収が減り国の借金が増加する
20年後の日本はお先真っ暗だ
これから20年後、年金は間違いなく減らされる
もしかしたら夫婦で15万円かもしれない、いや10万円かもしれない
いやもっと減らされ5万円かもしれない
だが家さえあれば最低限5万円でも暮らしてはいける
妻と二人月10万円で生活出来ることが分かっただけでもいい


「働きたくても働けない」「働かなければ暮らしていけない」
これは現代日本で急増する高齢者の切実な言葉だ
若者にもなかなか見つからない仕事が高齢者に簡単に見つかるはずがない
何かひとつ特技を、人よりも出来るプロ級の何かを
持つことを勧めよう
年老いても特技とプロ級のなにかそしてそれを生かせる仕事を持つべきである


素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料等一切の費用は掛かりません


伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。