サラリーマン定年と老後を考える

シルバー世代への応援歌
如何にして生きるのか? 人生とは? 幸せとは?
超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。
老後破産、老後難民、下流老人、孤独死、放置死、熟年離婚、人間関係の希薄さはどうして起こるのか? いったいどう対処すればいいのか? どのように生きればよいのか? 釈元浄が独特の感性で切り込みます。

老後と100%満足

すべてに満足しているわけではないが、ほぼ満足している
だがどこか満たされないところもある
なぜだろう? いったいどの部分なのか?
そりゃ細かいところを言えばいろいろある、だが違う
人の人生とは大方このようなものなのだろう
人生に100%のパーフェクトなどあり得ない
野球なら何十年に一人パーフェクトを達成するピッチャーはいるが
人生でパーフェクトを達成するパフォーマーはいない


もしかしたら満たされない部分が残っているから
諦めずに前に進む力が出るのかもしれない
もし100%満足してしまったら、それとも100%諦めてしまったら
人の人生はそこで止まってしまうのかもしれない


もう少し、もう少しだけ満足したい
その気持ちが人を前に進ませる
もう少しで夢がかなえられる
夢を実現しようと思ったならば
周りとの摩擦を恐れてはいけない
しかし周りに敵を作ってもいけない
そして周りに出来るだけ多くの味方を作ることだ


人は一人では生きてはいけない
しかしやるべきことは一人でしかできない
しかし多くの人の理解があって初めてことが成し遂げられるのも事実だ
夜に部屋でお気に入りの椅子に座って
一人で考えに耽る
それが事を成し遂げる原動力になるのだろう
しかし人は事が成し遂げられた後も
たぶん夜に一人で椅子に座って考えに耽っているのだろう
変わらない、何も変わらない
人は一人で生まれ一人で死んでいく
人はやるべき事もやれるべき事もやっている事も
生まれてから死ぬまで何も変わらないのだ
ただ変わるとすれば周りの環境が変わっていくのだ
味方を増やした人間は成功する確率が高くなる
味方が少ない人間はいつかつまずき必ず失敗する
そう言う事なのかもしれない


素晴らしいお墓……
 歴史と自然、見晴らしの個別区画型永代供養墓です
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個ご霊体まで納骨可能
家墓としてご家族ご夫婦だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません


伊賀の里自然墓苑個別永代供養墓
http://iganosato.com/
lmg0806@outlook.com
 伊賀阿弥陀堂 堂守役僧 釈元浄

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。