サラリーマン定年と老後を考える

シルバー世代への応援歌
如何にして生きるのか? 人生とは? 幸せとは?
超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。
老後破産、老後難民、下流老人、孤独死、放置死、熟年離婚、人間関係の希薄さはどうして起こるのか? いったいどう対処すればいいのか? どのように生きればよいのか? 釈元浄が独特の感性で切り込みます。

老後はお金が無ければ家にも住めない2

どう生きる私の人生2
 
わたしが思うには
やるべきことをコツコツとやり続け
お金も計画的に使う
自分自身のパフォーマンスを磨きながら
パフォーマーで勝負する
パフォーマーで勝負できるリングに上がる
 
だが人間歳を取ればとるほど
上がれるリングは限られてくる
65歳を過ぎればどこのリングにも上げてくれなくなる
ようするに勝負できなくなるのだ
勝負が出来なくなるということ
誰も戦ってくれなくなる
何もすることがなくなるということだ
そりゃ趣味の盆栽や庭掃除、ボランティアに散歩ぐらいは出来る
だが全然面白くなくなってしまう、張りがなくなる
 
それに体も気力衰え出し、体力的に戦えなくなってしまうのだ
だからスポーツ選手は年齢的限界で引退する
だが体力的にも気力も衰えようが
歳を取り、90歳になっても戦っている人間はいくらでもいる
若いうちから自分専用の戦えるリングを作ってきた人間だ
まず会社経営者がそうだ
会社経営者に定年や引退はない、自分で身を引かない限り
政治家もそうだ、役者も、歌手も
今では還暦過ぎのロックンローラーなど珍しくなくなっている
海外からも70歳を過ぎた超VIPアーティストたちがこぞって来日公演をしている
 
もしかしたら第2位の幸せは65歳を過ぎても培ってきたパフォーマンスを発揮できる
自分が上がれるリングがあるのかないのかで決まるのかもしれない
もちろん第1位の幸せは、家族と(少なくとも妻と二人で)穏やかに余生を送ることが出来るのかどうかだが、それでもある程度の刺激は必要であろう
寝て起きて食って寝るだけの生活だけでは、退屈して息が詰まるだろう
 
とにかくパフォーマンスで勝負することだ
御経でもいい、講演でもいい、知識でもいい、営業力でもいい
直感でもいい、スピードでもいい、アイディアでもいい
経営力でも統率力でも
何でもいい人よりも優れたパフォーマンスで
世の中のニーズにあったリングに上がることだ
 
《伊賀の里自然墓苑永代供養墓
素晴らしいお墓……
http://iganosato.com/
 歴史と自然、高台からの見晴らしの永代供養墓《伊賀の里自然墓苑》
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個霊体まで納骨可能
個別区画型永代供養墓です、家墓としてご家族だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません
第一期分残り82区画お早目にどうぞ
 
【お問い合せ】
0120-18-0806
http://iganosato.com/
📩lmg0806outlook.com
 
(主体・運営・管理・プロデュース)
宗教法人瀧仙寺・伊賀の里自然墓苑事務局
リーフ・メモリアル・グループ合同会社
NPO法人永代供養推進協会

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。