サラリーマン定年と老後を考える

シルバー世代への応援歌
如何にして生きるのか? 人生とは? 幸せとは?
超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。
老後破産、老後難民、下流老人、孤独死、放置死、熟年離婚、人間関係の希薄さはどうして起こるのか? いったいどう対処すればいいのか? どのように生きればよいのか? 釈元浄が独特の感性で切り込みます。

老後と非正規労働者

ようく分かった
人間は何もしなかったらどの道破産しかないのだ
だが今の日本は非正規が多すぎるのではないのか
全就労者の4割だそうだ、あと5年もすれば約5割が非正規労働者になってしまう
正社員が3割、会社役員が1割、老人の就業者が1
圧倒的多数の非正規労働者が選挙で日本の政治を牛耳る日が来るのかもしれない
正社員はどんどんどんどん減少していく
あと10年で2割になる
圧倒的多数を占めていた中流意識のサラリーマン
日本の平均世帯だったサラリーマン神話が崩れていく
10年もすれば希少価値の持つレアな人種になってしまう
まだ生きていたのだねと言われる
 
いまの世の中は特に日本ではやったもの勝ちだ
何もせずただおとなしくじっとして現状の陰に身を任せて
一応世の中の常識とやらを信じて鵜呑みにして
世の中の平均をわたしは生きているのだ
平均的家庭層、平均的人生像なのだ
と満足して諦めていたら
もうそれだけで自分の人生は下り坂に入っていく
下流老人、下流老後に真っ直線だ
 
ならば、今のうちにやりたいことをガンガンと飛ばしてやっておかなければ
それでももう少し遅いかもしれないけれど
老人になれば体力的に何も出来なくなるかもしれない
今の内にやりたいことガンガンとやっておかなければ
人の話を聞いてはいけない
人の忠告も聞いてもいけない
何も解決などできないし
後悔するだけだから
忠告のほとんどが
「やめた方がいいよ、もう少し我慢した方がいい」
しかし間違いなく、その忠告は間違っているのだから
やるだけやるのだ
とことんやるのだ
そしてスピードを上げてやるのだ
 
《伊賀の里自然墓苑永代供養墓
素晴らしいお墓……
http://iganosato.com/
 歴史と自然、見晴らしの永代供養墓《伊賀の里自然墓苑》
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個霊体まで納骨可能
個別区画型永代供養墓です、家墓としてご家族だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません
第一期分残り82区画お早目にどうぞ
 
【お問い合せ】
0120-18-0806
http://iganosato.com/
📩lmg0806outlook.com
 
(主体・運営・管理・プロデュース)
宗教法人瀧仙寺・伊賀の里自然墓苑事務局
リーフ・メモリアル・グループ合同会社
NPO法人永代供養推進協会

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。