サラリーマン定年と老後を考える

シルバー世代への応援歌
如何にして生きるのか? 人生とは? 幸せとは?
超高齢化社会の到来とともに今現代日本で起こっている諸問題を考えます。
老後破産、老後難民、下流老人、孤独死、放置死、熟年離婚、人間関係の希薄さはどうして起こるのか? いったいどう対処すればいいのか? どのように生きればよいのか? 釈元浄が独特の感性で切り込みます。

老後の夢

幸せなことに夢はある
この歳になっても、もうふた花ぐらい咲かせたい
そんなことを想っている
フラフラになっても食らいついていきたい
かっこ悪くてもいい
夢とは、かっこ悪さの中から、つかみ取るものなのかもしれない
 
真剣に生きて、フラフラになるまでやって
それを毎日毎日どこまでもやって
初めて形が見えてくるのかもしれない
 
中途半端にやっていては何事も大成しない
ましてや、やるべきことが見えていなければ
何事も成し得ない
 
プライドとは何だ
誇りとは
本当にやるべきことが見えている状態のことではないのか
自分の天職が分からなくては何事も長続きはしない
やるべきことを知っていて
食らいつくことが出来れば
何事も成すことは出来る
 
人間の尊厳とは
天職を知ることだ
そこから自分だけに与えられた使命が見えてくる
天から与えられた使命だ
他人から与えられた使命ではない
 
サラリーマンでは感じることの出来ない
生への尊さを知る
まさに天命を知る
サラリーマンでは天命はわからない
それはその命令が人から与えられたものだからだ
 
部長になったとか、役員になったとか
そんな狭い世界でのチンケなステータスではない
そんなチンケなステータスでは到底味わうことの出来ない
使命感と充実感が天職は与えてくれる
 
もう心はふらつかない
逃げ出しもしない
誠心誠意、一生懸命、身を粉にして捧げるだけ
天にこの命を差し出すのだ
 
命を差し出すことが出来たならば
あとは守ってくれる
天が、天職がこの一生を守り続けてくれるであろう
 
迷いが無くなり
心に澄んだ青空が広がったとき
人は幸福を本当の感じることが出来る
 
人生はすべて無
その中で幸福を感じるとは
どのような状態のことを言うのであろう
それは心を無に出来て初めて感じられる幸福なのだ
 
何もない、悩みも、迷いも、怒りも、嫉妬も、悲しみも、苦しみも、寂しさも
すべて消し去り無になれたとき
人は天と一体になれる
天命が心に響く
天職を知る
 
生きるべき道
やるべきことを知ることが出来る
 
《伊賀の里自然墓苑永代供養墓
素晴らしいお墓……
http://iganosato.com/
 歴史と自然、見晴らしの永代供養墓《伊賀の里自然墓苑》
1区画30万円で墓石込、4寸骨壺8個霊体まで納骨可能
個別区画型永代供養墓です、家墓としてご家族だけでの入墓可能
その後の年間管理料、檀家料等一切の費用は掛かりません
第一期分残り82区画お早目にどうぞ
 
【お問い合せ】
0120-18-0806
http://iganosato.com/
📩lmg0806outlook.com
 
(主体・運営・管理・プロデュース)
宗教法人瀧仙寺・伊賀の里自然墓苑事務局
リーフ・メモリアル・グループ合同会社
NPO法人永代供養推進協会

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。